最新のリフォーム・リノベ情報

2014年のリノベとして


こんな賞があります

建築業も一種のアーティスティックな活動だと言えます。特に現代になればなるほど、今まで固定観念でしか無かった鉄の塊でしか無かったビルがモダニズムといった様式で建築されている。東京都心にいけば行くほど、趣とはかけ離れた芸術性に富んだ設計士の思いがこれでもかと込められた建物があります。そうした技術がいつの頃から私達の居住空間となる住宅に用いられるようになっていきました。最も代表的なものとしてはデザイナーズマンションを想像してもらえればいいだろう。こんなマンションに住んでみたいと考えている人も多いでしょうが、中々現実にはうまくいかないものです。

またマンションだけでなく一戸建て住宅にも、家主が想像する最高の家を設計士と相談して建築したという人もいます。だがある人は景観を阻害するとして周囲の人から反感を買ってしまい、裁判沙汰となってしまうといったこともところかしこで起こっています、芸術とは極めて異端でありながらも、極めて賞賛されるべきものだと見られる。冷静に分析すれば芸術ほどその人の感性によって理解の範疇が振り切れているかどうか、証明することになる。

こうした技術は新築だけでなく、リフォームやリノベーションなどにも技術が応用されている。昔ながらの手法を利用する手もある、ただその場合だと現代になって見えてきた問題点なども加味して適切な方法ではないと判断されるかもしれない。今の技術は過去に開発された旧い体型を改良に改良を重ねて自立したものになる、匠の技と呼ばれるものでも時代や建築する建物によっては応用が効かない、なんてこともある。

最近だと特にリノベーション、これを利用したことによって、建築物がそれまでのものとは比べ物にならないほど綺麗になったというケースも見られます。それこそ中古マンションだったものが新築同然に改築されていたら、引けは取らない。リノベーションという技術を用いれば空き家などの問題にもきっと役立つと言われていますが、現状はご覧の有様だ。一部では活用されるまでに至っているが、中には知らない人もいるため、リノベーションもこれからといったところでしょう。

そんな可能性にかけて、1年間に開発されたリノベーション建築に贈られる『リノベーション・オブ・ザ・イヤー 2014』という物があります。

概要として

この賞が創設されたのはリノベーション、この技術によって日本各地に広がっている空き家、並びに老朽化の激しい建築物へ新たな資産価値を見出せると言われている。リフォームと同じ性質と考えている人もいるでしょう、工事する理由としてはそこまで極端な違いはありませんが、リノベーションの場合はもう古くて使えない、資産価値そのものが下がっているものへ新しい可能性を見出すための技術となっています。

リノベーションが広がれば、全国的に点在している空き家にしても放置しないで物件として新たな可能性を生み出したり、かつては商業ビルとして利用されていたところがリノベーションをすることで住居という全く正反対の資産価値を生み出す、そんな側面もあります。実際に、先程も軽く話題に出しましたが、リノベーションで地方自治体が管理していた寮がマンションとして生まれ変わったというのが良い例です。

業者としてもリノベーションを率先して行っていくことで、これまでにはなかった住宅としてのあり方、これからの居住空間も新築だけにこだわらないでどのように見出すかが重要な点となる。そんなリノベーションをして生まれ変わった建物を評価される賞、それがリノベーション・オブ・ザ・イヤーとなるのです。

土地の問題

リノベーションを推し勧めている、そう捉える人もいるでしょう。間違ってはいませんが、それこそ中古物件で貸し出すにも売り出すにも困ってしまっている物件を所有している人であればあるほど、手放して全く新しい、これまでに見られなかった住宅のあり方を定義することが出来るのです。リノベーションをするところが増えていけば行くほど、空き家問題を解消する手がかりとなると考えられています。

まだまだ新しい技術

だがやはりリノベーションを知らない人もいます。いくら世間的に広まっているといっても、老若男女の誰もが認知しているとは言いがたい。中には悪徳リフォーム業者が新手の詐欺手口として持ちかけて来ているだけではないのかと疑惑の念を持つ人が出て来る、なんてこともあるはずです。人によりけりで、リノベーションという技術がすでにあることを知っている人は興味を示すものの、業界について全く何も知らない人にとっては理解が追いつかないかも知れない。

この賞を設立したのはそんなリノベーションが認知されるよう、社会問題寸前にまで膨れ上がっている空き家問題を解消するために効果的な建築技術の違う形、これを追求するために誕生したといったところでしょう。


相続税対策としてのリフォーム?!



フィリピン留学エージェントCEBU English(セブイングリッシュ)ではフィリピン政府の認可を受けた、信頼と実績のある学校のみをご紹介しています。フィリピン留学をご検討中でしたらぜひご相談ください。