最新のリフォーム・リノベ情報

社会的な影響力として


空き家以外にも

リノベーション・オブ・ザ・イヤーの存在は業界だけでなく、一般の人にも関心が寄せられるようになっています。この賞ではエントリーした建築作品は、まず一次審査で実際の消費者らによって品評されるところから始まる。リアルな話、机上の空論で決定した物件がいいと言われても実感は沸かない人も多いはず。その点を考慮すれば審査に関わることになります、この時作品のコンセプトにしてもそうですが、一般人の好みというとてもリアルな選定によってノミネート作品が選考されます。選考委員会の建築面から見て優れている作品を先行することは変わりませんが、実際に利用する人間、リノベーションがどういうものかと知ってもらうためにも、こうした取り組みを考えた点は大きな意味を有していると考えられます。

実際、リノベーションで生まれ変わった作品の中には、団地もあります。比較的一般的な団地といえば、鉄筋コンクリート製で無骨な外観と室内は決して広いとは言えない狭い空間、といった印象を持っている人が圧倒的です。高度経済成長期において最先端の住宅と称されていたのは今は昔、現在に至っても利用されてはいるが、現代で生まれた人たちにとって団地に住むことをよしと考えていない人も多い。

これが何を意味するかというと、物件としてマイナス要素となっていることです。不都合な情報などが隠されている事故物件などもそうですが、過去これまで当たり前のように利用されてきた住宅だと、どうしても嫌だと感じてしまう人も多いはず。そうした空き家の存在は不動産としても管理の面から維持費を費やさなくてはなりません。売りたくても根付いた偏見を何とかしないといけない、だからといってどうすることも出来ないと判断された時ほど、このリノベーションが多いに役立つと言われています。

リノベーションの真価が発揮される物件

ではリノベーションを利用することで、その真価とも言える付加価値を飛躍的に向上させやすい物件とは何か、考えてみよう。いくつか例としてあげて考察してみると、やはり現代人らしくないと考えている人が多いものばかりの住宅、もしくは建築物として限界が来ているものなどが挙げられます。

日本の伝統住宅、平屋

まず最初に取り上げたいのが、日本の伝統的な住宅様式となっている『平屋』だ。見たことがないという人もいるかもしれないが、こうした平屋は関東圏内の中でも郊外に位置しているところにはいまだ建築されている。筆者の実家近くにも平屋が何軒か集合しているところはありますが、そのうち1軒は先日引っ越してしまったため空き家となっています。ただ空き家になる前、そこに住んでいた人が引っ越しをする前に一度建物そのものを建て替えて一新しました。一から作り直しというよりは、ここでいうところのリノベーションのようなものとなります。無事に居住者が入ったのでよかったと思いましたが、やはり数年と持たずして出て行ったため、一時的なものだったのかもしれません。

平屋は過去の日本において庶民の一般的な住宅でしたが、現代の日本人にはどうしても馴染まないものと考えている人も多い。事実、引っ越しをしてから数ヶ月と時間が経過しているが、その空き家となった平屋には次の居住者は決まっていない。それだけ平屋に対して遠慮したいと考えている人もいるため、リノベーションをして新しい価値を見出さなくてはならないでしょう。

老朽化が深刻になったビル

次に老朽化という問題によって建築そのものの資産価値も失われてしまいます。木造でおよそ20年でほぼ0円になってしまうと言われているため、持ち手としてはそうなったらもうどうしようもないと諦めてしまいがちです。中でも商業用のビルとして所持していたもの、中には建築してから50年といった時間が経過したものとなるとリノベーションをして生まれ変わらせなくてはなりません。ただ先程の平屋と違って、深刻な朽ち方をしたビルとなったら資産価値をいかにして復活させられるかが鍵となる。

単純に利用出来るだけではそれはリフォームでしかないため、ビルとしての価値ではない全く違う可能性を示唆するためにもリノベーションほど有効なものはないとないのです。

DIYが鍵

それでもリノベーション市場は中々膨れ上がらない、その理由にはデザイン性といった面が大きいと言われています。どういうことかというと、リノベーションは簡単にいえば既存に囚われない斬新な建築物としての再生と新たな価値の創造といったものが出来て、初めて認められます。中々難しいところです、建築物として新しく生まれ変わらせると言う意味で再生と表現しましたが、これはリフォームにも共通して言えることです。

そんな建築物が増えるためには『DIY』を可能とする技術者が増えなくてはなりません。言ってしまえばデザイナーマンションのような物を作り出せれば上出来といったところ、リノベーションはそれまで利用する手段が1つしか無かった建築物に可能性を生み出し、これからの時代ではこんな建築も出来ると証明しなければなりません。空き家もただ住めばいいというわけではなく、安心と快適な暮らしを体感できる住宅に住む事こそ、人が一番喜びたい点なのです。


相続税対策としてのリフォーム?!



傷ついたエーテル体、アストラル体に生命エネルギーを注ぎ込み、自然治癒力を高め肉体と精神を健全な状態へと近づける目的で行われるのがヒーリングです。オアシスでオーラ・ヒーリングについて知ってみませんか?
普通の古本屋では引き取ってくれなくなったものでも、古本買取 福岡で利用できるお店があります。 整理に悩んでいる、本をどうしようか考えている方は是非当社をご利用下さい!