最新のリフォーム・リノベ情報

デザイナーのこだわり


インテリアデザイナーの底力

住宅をリフォーム、あるいはリノベーションをしたいと考えた時にしなければならないのは、どんな家にしたいのかという理想を上げることでしょう。それこそ仕立てることが出来る人なら自分で設計図を描いたり、もしくはイメージとした理想の部屋を描写するなどして業者と連携すればより自分好みの住宅を手に入れられます。とはいっても、自分の好みと伝えても物理的に無理だったり、もしくは上手く伝達できなくて結局は業者任せなんだけど、最終的には良い形に落ち着いてくれたといったパターンも有ります。あるいは騙されて全くといって必要性が感じられないリフォームなどが行われてしまったがため、別の意味でトラブルを抱えることになってしまった、なんてケースもあるでしょう。

一般の人だと業者と密な連絡をして実現までこぎつけなくてはなりません、ただ所詮は素人でしかないので専門家である建築のプロにとっては我々の声など蟻の如く瑣末なものとして扱われてしまうこともあります。今でこそそうした気質はないのかもしれませんが、かつては建築家とは職人気質であると思っていた人も多いでしょう。プロの仕事に何も知らない人間が意見すること時代がおこがましいんだとして、完全に人任せだったために建築トラブルといった問題が噴出してしまったとも考えられる。何にせよ、真面目に働いていた人にすればとばっちりを受けてしまったということだ。

では素人ではない、実際にインテリアデザイナーとして、もしくは本物の設計士として活動している人が自分の住宅建築に関わったとしたらどうなると思いますか?業者も同業のプロであるため意見をないがしろにする事もできないため、相手としては非常に厄介です。ある意味では普通の建築現場よりも殺伐とした空気が展開されるなんてこともあるでしょう、またプロだからこそ徹底的にこだわってやるといったケースもあるそうです。

自宅ショールーム

デザイナーとして第一線で活躍している人ほど、自分の作品に対して強く執着するものです。クリエイターならわかると思いますが、自分の作品であれば徹底的とまでにこだわるものですが、それが建築において利用された場合にどうなるかというと、個人の好みを反映させながらもリフォームやリノベーションといった要素も取り入れた全く新しい建築を生み出してします。

実際、とあるインテリアデザイナーが自宅は自分の理想とするものでなくてはならない、家と相思相愛であればあるほど望ましいと語るほど、愛着(?)を持ってデザインしたという。そうして辿り着いたのは、デザイナー本人の好みをこれでもかと実現させることに成功しました。玄関先にある白と黒のストライプ、鮮やかな花柄が散りばめられている自慢のお手洗い、といった具合にデザイナーとしてもそうだが、どちらかと言えば個人の好みが完全に全開となっている自宅を『リフォーム』したという。

本物のプロに頼むのも有り

ここでは何が言いたいのかというと、リフォームやリノベーションをするとなったら要望をデザイナーへ事細かく伝えるという努力が必要だということです。なんでもいいと告げてしまうのも手ですが、それだと好みを無視したものが出来上がってしまうため、最低限どんな家に住みたいのかという意識ははっきりと言わなくてはなりません。人によってはそんな面倒なことしていられるかという人もいるかと思いますが、どうせなら自分の理想とする家にしてしまうのもリフォームとリノベーション双方の醍醐味でしょう。

無理かどうかは自分で判断するのではなく、デザイナーや設計士と相談して要望を話し、実現できるか否かを協議していくことが肝心となります。

試してみませんか

昨今取り巻く住宅事情、その中でも中古住宅の空き家問題が一番の懸念材料となっている中、建築物として資産価値を失った建物に再度息を吹き返すために登場したリノベーション。またこれから先もずっと住み続ける家だからこそ、一新して新しくして住み続けたいとするリフォーム。どちらを選ぶかはその時々によって変わってきますが、性質こそ違っていますが目的意識に上げられる快適な住環境の確立、この一点は揺らぐことのない信念めいたものとなります。

悪徳リフォーム業者などの問題、耐震補強をしたくてもどうしたらいいのか分からなくて問題を先送りにしている件などなど、様々な事情が絡み合っているここ数年の住宅事情についてだが、これからはまた別の意味で波瀾万丈な展開も予想されます。技術をいかにして継承していくか、リノベーションを出来るだけのDIY精神をどのようにして養っていくかなど、相も変わらず課題だらけなのはもはや定番なのかもしれない。


相続税対策としてのリフォーム?!