最新のリフォーム・リノベ情報

一戸建ての場合


新築購入と比較した場合

中古住宅市場の状況を鑑みると決して業界の先行きは明るいものではないのは間違いない、それを打破するために中古で誰も住むことを予定していない空き家を何とかしなければならない、そんな政府の歯がゆさも少なからずあるだろう。中古住宅を購入してリフォーム、もしくはリノベーションをして自分の家として新しく生まれ変わらせよう、といった計画も悪くはない。だが正直な話、本当に得なのかどうかというのも気になったので、現在までに販売されている新築の分譲住宅と中古物件とを比較した場合、初めから全て購入したほうがいいのか、それとも中古で買って改築したほうがいいのかと分析してみよう。

検証するに至って、現在までに新築で取り扱っている数はあまり多くは見られない、また東京都内の中でもむしろ郊外に位置しているところと比較してみると、値段的な差は生じている。東京郊外で新築物件を購入する場合、およそ『3,000万円~5,000万円』程度で売買されている。ここに土地に家屋、さらに屋内に設置された基本設備などを込みで考えれば妥当な値段といえるだろう。これに対して中古物件の場合、土地と住宅がセットになって売買されているもの限定として、目安として『1,000万円~2,500万円』ほどとなります。

新築と中古だとこれだけの値段差が生じています、しかし中古住宅でリフォーム、並びにリノベーションとなったらさらに料金を上乗せしなければならないため、そこまで極端に値段差が生じるということもないと言えます。この時、リフォームの値段をできるだけ抑えたいと考えるなど、行動としてあまり得策ではありません。そのために悪徳業者に捕まったという事例も見られるため、多少なりとも負担の大きさは覚悟した方がいいでしょう。

ではこうした平均的な値段を参考に中古物件でのリフォーム・リノベーションについて話をしていいましょう。

平均的な金額として

リフォームとリノベーション、どちらを利用するにしてもそうだが、まず中古物件をどうしてリフォームだったり、リノベーションするのかを考えなくてはなりません。単純に改築したいと考えている人もいるかと思いますが、それだと別段問題がないのにリフォームをしてもあまり実感はないでしょう。それこそ築年数が10年にも満たないような中古物件となれば、益々リフォームよりもそのまま住んでいた方が断然安いと感じられてしまいます。

住宅を一新するといった見方をしている人もいますが、リフォームやリノベーションをする本質的な意味としては、『老朽化した建物の建材を新しいものに変える』というのが本来の目的となります。そのためリフォームするにしても、リノベーションするにしても、意識的に何をどうしたいのか計画的に考えなくてはなりません。建物そのものに問題があればなおのこと、早急に改築したほうが良いと言えるほどです。

そんな改築費用として、総合的な部分から見た平均額として『約749万円』と言われています。あくまで全体を合わせてとなっているので、詳細な目的で分類していくと、下記のようになります。

  • 増築のため:平均1219万円
  • 改築のため:平均864万円
  • 修繕・営繕のため:363万円

金額はあくまで目安となります、住宅の規模やリフォームをどの程度まで行うかで料金は上下するため一概に言えたものではない。何よりリフォームなどをする要因となるのは一番に、住宅としての機能が果たせていないといったところが大きいといえるでしょう。

ただしたいからという願望でリフォームにしろ、リノベーションをするにしろ、中々出来るものではないためよく考えなくてはならないところでしょう。

工期が短いこともあって

リフォームの利点としては、工期が短いということもあり頻繁にリフォームを行っている人もいるでしょう。それこそ一部分ずつ改築していって、次はここをするといったような計画を立てている人もいるかもしれません。このように考えている人は別段珍しい話ではなく、むしろよくある話として言われています。これは、リフォームをすることが癖になっていると言われているからです。

一辺にすればいいのではないのか、そう思う人もいるでしょう。ただ住んでいないと実際に問題として何があるのかわからないもの。見た目で問題を把握できるのであれば、すぐにでも対策を行っていいでしょう。それが出来ないからこそ、リフォームをする楽しさを覚えて頻繁に行ってしまうと言われています。

ここまでの結論からまとめてみると、中古住宅を購入してからリフォームないしリノベーションをした場合と、新築分譲住宅を購入した場合では得かどうかを考慮した上では安いといえば安くなるといえるが、リフォームの規模や回数では大幅に超えてしまう事もありえるため、さじ加減が必要となります。


相続税対策としてのリフォーム?!



トラック野郎の皆様の大切な相棒ダンプとお別れする際のオススメ業者紹介します。トラック買取の価格比較サイトダンプ 買取業者選びのポイントをお教えします。ぜひご確認下さい。